地 震 保 険 の 支 払 内 容

                                                                          H29.1改定


                                       地震保険のお支払金額

損害の程度 建     物 家     財
全  損 地震保険金額の100%(時価額が限度) 地震保険金額の100%(時価額が限度)
大 半 損 地震保険金額の60%(時価額の60%が限度) 地震保険金額の60%(時価額の60%が限度)
小半 損 地震保険金額の30%(時価額の30%が限度) 地震保険金額の30%(時価額の30%が限度)
一 部 損 地震保険金額の 5%(時価額の5%が限度) 地震保険金額の 5%(時価額の5%が限度)

                
             ※損害の程度の認定は「地震保険損害認定基準」に従います。(国が定める「災害に係る住家の被害認定基準運用指針」
               とは異なります。)
             ※損害の程度が一部損に至らない場合は補償されません。
             ※損害の程度が全損と認定された場合には、地震保険の補償はその損害が生じた時に遡って終了しますので、終了後に
               発生した地震等による損害は補償されません。
             ※門、塀、垣、エレベーター、給排水設備のみの損害など、主要構造部に該当しない部分のみの損害は補償されません。 



    
建物の「全損」「大半損」「小半損」「一部損」
家財の「全損」「大半損」「小半損」「一部損」
全 損 @主要構造部(基礎、柱、壁、屋根等)の損害の額が、その建物の時価額の50%以上となった場合またはA焼失もしくは流失した部分の床面積が、その建物の延床面積の70%以上となった場合   全 損 損害の額が家財全体の時価額の80%以上となった場合
大半損 @主要構造部(上記に同じ)の損害の額が、その建物の時価額の40%以上50%未満となった場合またはA焼失もしくは流失した部分の床面積が、その建物の延床面積の50%以上70%未満となった場合   大半損 損害の額が家財全体の時価額の60%以上80%未満となった場合
小半損  @主要構造部(上記に同じ)の損害の額が、その建物の時価額の20%以上40%未満となった場合またはA焼失もしくは流失した部分の床面積が、その建物の延床面積の20%以上50%未満となった場合   小半損 損害の額が家財全体の時価額の30%以上60%未満となった場合
一部損 @主要構造部(上記に同じ)の損害の額が、その建物の時価額の3%以上20%未満となった場合またはA建物が床上浸水もしくは地盤面より45
cmを超える浸水を受け損害が生じた場合で、全
損・大半損・小半損に至らないとき
  一部損 損害の額が家財全体の時価額の10%以上30%未満となった場合

                  
             ※お支払いする保険金は、1回の地震等による損害保険会社全社の支払保険金総額が11兆3,000億円(平成28年8月現在)
               を超える場合、算出された支払保険金総額に対する11兆3,000億円の割合によって削減されることがあります。


                 ●詳しくは、取扱代理店 広医株式会社(082−568-6330 担当:山中・土田・大知)までお問い合わせ下さい。